北の“大地の芸術祭” その2.計画編


先回のつづき....

ここまで、“大地の芸術祭”に熱く思いをめぐらせている私。こいつは行かなくっちゃ!
ということで、私以上にアート好きである、学生時代の親友であるキョロちゃんを、「こんな素敵な芸術祭があるから、行かない?」ってルンルンで誘いました。
そしたら!
ぬぁーんと、「前回、行ったよ」。
え~知ってたの~。いばろうかと思ってたのに。しかも、行ったことあるとは...。

ということで、キョロちゃんとキョロちゃんのパートナーである卓氏(注:1)を、先日自宅にお招きして、夕飯を食べながら新潟行きのプランを練る練る。
(注:1) “卓”は本名。父親が無類の巨人フリークのため命名された、これまた巨人フリークの彼。ちなみに現・父親は巨人に興味なし。おいおい、責任持たんかーい。

いつもごにょごにょと楽しいマニアックな話をしてはくすくす笑っている、個性的な二人。
この日も、私たち夫婦が最近凝り始めた、「ノート」や「万年筆」の話をし始めたら、その30倍くらいの情報をくれました。
しかもその話をしているとき、帳面がかばんから出てくる出てくる。万年筆が、これでもかと出てくる出てくる...。君たち、こんなに持ち歩いてるのか!?
そんなキョロちゃんの最近のお気に入りは、「余り紙で封筒を作ること」。これまた、かっこよくてよくできてるんだよね。
LOHASなんて商業的でうさんくさい言葉が出てくるよりも百万年前に、彼らのライフスタイルは、LOHASでARTなのだ。

と、話が脱線。
いつも、キョロちゃんといると、話が脱線。
経営学部なんてところに来る女子は10数年前は本当にひと握りの変わったヤツしかいませんでした。基本的に群れるのは嫌い、世間話とか面倒くさい。その中で、こいつはやるな、と感じて入学数週間で、親友に格上げ。
花の女子大生になったのに、ズボン姿の二人、構内の喫茶店でお茶を飲みながら、くだらない話(モノとかコトとか、スポーツとかクルマとか写真とかゲイジツとか、将来二人で作る予定の店の話とか)を繰り広げていたのでした。
そして、なぜか二人の間には「コイバナ」は無し、という暗黙のルールが横たわる。女子二人なのに、コイバナ無し。潔い二人の清潔なトークは、もちろん男子を寄せ付けることもなく、幸せに続けられたのでした。


ということで、脱線しながら新潟行きのプランができました。
土日だけの二日間、クルマで回る予定。

■土曜日■
 ・朝早くに新潟へGo。荷物はいくらでも持ち込み可。(でもノート3冊までね)
 ・午前中は、「松代」地区を回る
 ・ランチは、蕎麦
 ・午後は、「十日町」地区を回る
 ・そして、温泉
 ・夜は長岡へ!
 ・日本酒の名店「大地」で酩酊、その後Bar「ベスト」でさらに酩酊
■日曜日■
 ・寺泊漁港へGo!
 ・夏の名物「岩がき」と海鮮丼を堪能
 ・温泉で汗を流す

あれ、芸術祭は..?土曜の半日だけ?これだけ引っ張っといて?
まぁまぁ、新潟を丸ごと楽しむ計画ってことで!

ぜひ、皆さまも3年に一度の大地の芸術祭にGo!
[PR]
by nattomaki27 | 2006-07-23 22:50 | 興味津々なこと
<< 足立区が私のために 北の“大地の芸術祭” その1. >>