Vistaはやっぱり手強いぞ! (決意編)

SONY VAIO VGN-G1 VistaOSをXPにダウングレードする その1

仕事がかわって、まっさきに調達したのが、仕事用PC。

以前の職場では、会社指定PCの中からThinkpadのX60sをチョイスして、かなり快適に使っていました。
赤ポインタマウスもいいし、世に迎合しない無骨な形と色もなかなか好きだったし、バッテリーも持つ。出張が多かったけれど、がんがん持ち運んでもだいじょうぶな力強さ。

と、けっこう気に入ってはいたんですが、今度は「会社指定」という枠が外れる!
自分で選べる!
ということで、さんざん迷いに迷って(やっぱりLet'snoteかなぁと八重洲出口のパネル展示コーナーに行ってみたり、もちろんMacBookは選択肢にのぼるもその重さとデカさに断念したり)、結局VAIO typeGにしてみました。

初代"紫VAIO"で散々痛い目にはあってはいたし(それでVAIO嫌いになったヒトは世に多いでしょう)、"今さらSONY?" という感もあったりしますが、改めて見直してみると、かっちょいい。
そして、もちろん軽い、薄い。液晶にバックライトがないので、ペナペナ。折れそうで怖いくらいです。
チュウゴクに持参しなければならないため、軽いのは大事アルね。

と、ウキウキと選んで、ソワソワ待って、ワクワク梱包を解いてみたまでは良かったものの。。。


1ヶ月使ってみて、思い知ったのが、VistaOSくんのわがままっぷり。
安易に、出たばかりのOSをチョイスしてしまったのは、本当に不徳の致す限りです。

MSには毎度の話なんですが、OSが変わるごとに、あまりにもユーザーインターフェイス(UI)が変わりすぎる。
もう、「はじめてパソコンを買ってみました」さん向けのUIにしすぎるあまり、以前慣れ親しんできたネットワークの設定とか、いちいち「どこにあるのか」がわかりにくい!
そしてもちろん、そんな既存ユーザは置いといて、の作りこみが、結局のところ「はじめてパソコンを買ってみました」さんにとっても、皆目わからない迷路を作ってるんですけどね。

それから、メモリ搭載1.5GBにも関わらず、動きが鈍い。
これも選択を間違ったんだけど、「Vistaは、2Gないと充分に動きませんよ」説があるらしい。。。まじで? MSさん、OSと一緒にメモリも同梱してください。
(しかも我が輩のモデルは、もう増設は不可能。オイ。)

このとろさは、ほとんどは常駐するウィルス対策ソフトのせいなんだけど、軽々とアタック受けるようなOSを作っておいて、ユーザーに遅さを強要するのはいかがなものかと。
ウィルス対策ソフト以外にも、頻繁にポップアップされるのが、Vista自体が「許可しますか?」って聞いてくる行為。
何か作業する度に、ポップアップされるのは、かなりイラっときます。
・・・これは、米国版のMacの比較CM("Hi! I'm Mac"で始まるやつね)でも、揶揄されてました。


ついでに、Officeもひどい! とくに、Excelのでかい帯はなんだ〜。
いつものアノ機能とか、困ったときのコノ機能、とかが、どこにあるかわかんない。
とくに普段から、大急ぎで資料を作成するって場面にご登場願うことが多いExcelがこれだと、本当にストレスがたまります。


少し慣れたと思ったら、またイラっが続き、もう本当に限界がきました。
お仕事をスムースに進めるための道具であるハズのコンピュータに、ここまで邪魔されては、精神衛生上よくありません。


と、いうことで、決めました。
" Vista を XPにダウングレードする"


そう決めたその日から、気の早くてイラチな我が輩は、実行に向けて着々と準備を進めるのであった。。。
乞うご期待。
[PR]
by nattomaki27 | 2007-09-06 00:32 | モノ
<< Vistaはやっぱり手強いぞ!... ややや、もう8月が終わってしま... >>