最後の野球観戦

過日、熱狂的なカープファンであるところのドリューに誘われて、広島-西武@所沢に足を運んできました。

そういえば、誘われるまで「心残りがないよう、出産前に行っておくべきリスト」に、野球観戦を入れておくのを忘れてた!
所沢に行けるのって、産んでしまったら相当先になる可能性が高いというのに、すっかり抜け落ちていました。
いやぁ、失態失態。 ありがとう、ドリュー。

前夜発熱する勢いで、気持ちが高揚する野球観戦。
しかも、今年は強い!
なにかの間違いではないかと、ファンだってまだ半信半疑なほど、強い!
交流戦は例年勢いが落ちるので若干心配ではあるけれども、昨年ほどの落ち込みはなく、ほっとひと安心!
という具合で、それはまぁ、楽しみで出かけました。

その日の私の高揚度バロメータ。
その大きさを表すと。 →  ooO◎OOoOo。。。...........。..

(わかりにくい?)
ちなみに、◎は、試合開始前ですから。
ま、いいってことです。
その日から、今シーズン始まって以来(!)の3連敗(昨日も負けたので4連敗)が始まってしまったんですが、それはまあいいってこと。
毎年急ブレーキがかかって優勝(プレーオフ)戦線から離脱する交流戦を、5分で切り抜ければと願っていて、若干割り込んでいるのは、あと2試合で挽回していただくとして。


とにもかくにも、始球式が「郭泰源VS小早川毅彦」から始まり(郭泰源がそのままのプロポーションと歩き方を保っていて、感動。速球にも感動。来日謝々!)、1986年の日本シリーズ(広島VS西武。第8戦までもつれこみ、投手工藤がサヨナラ打を放ち、秋山がバク転し、山本浩二が引退した)の映像が流れたり、サービス満点ぶりに充分楽しめました。
しかも、松坂の移籍金を使って 新しくなった電光掲示板は実際見たら非常にリアルで美しいし、球場前の縁日や出し物や、選手の入場のしかたや紹介は劇的にかわっているし、やっとやっと西武もファンサービスに目を向けていて、非常によい兆候。(今まではアグラをかいていて、気付けば動員数はソフバンやロッテ、日ハムに完全に水をあけられてる。)
久々の球場は、かつての黄金時代のように家族連れが目立ち、のんびり野球を楽しんでいたのは、今年強いからだけではないと感じました。
雰囲気は、応援合戦に特化っていうより、大リーグの観戦スタイルを目指しているような感じ。(それは球場の造りに依るところも大きい)
また、球場に足を運びたいと感じさせる、そういう工夫が数多く見られました。


だから、というわけではありませんが。

途中から不機嫌な私をなだめるのに、オットとドリューに気を使わせるくらい、あまりにも当日はふがいない内容

これを、最後の観戦にしてはいけない。
そう、心に誓った帰り道。
まだ出産まで2ヶ月もある。 まだ行ける。次は頼むよ!
[PR]
by nattomaki27 | 2008-06-19 18:02 | 日記
<< 頼りっぱなし 準備万端 >>