カテゴリ:引っ越し( 4 )

引越しの見積もり

4月の引越しを控え、「引越しを機に欲しいモノリスト」をルンルンで作っていたら、案の定、法外な金額になり、妥協点を見つけている今日このごろ。

そんな夢のような話もいいんですが、そもそも引越しにいくらかかるのか、現実的な試算も必要になってきました。
ということで、ちょっと気が早いような気もいたしますが、先日、引越し業者さんに見積もりをしてもらいました。

営業に滅法弱い、元・営業の我ら。
家購入を機に、色んな営業さんと話すにつけ、どうも彼らの営業スタイルについて敏感になってしまう哀しい性があります。
営業の基本である、"お客さまの意向をまず聞きだす" ってことに、けっこう無関心な営業さんが多くて驚いたりも。
そして、彼らが "誠意を持って接しているかどうか" ってところが最大の関心ごとになり、それが見えると「がんばってあげちゃうっ!」って気になってしまうところが、また弱いところです。

今回は、引越し業者選定は初めてだし、営業トークに左右されない冷静さを保ちながら、品質と予算を両立させたいという欲求を満たすため(大げさ)、一日に3社の業者さんを呼びました。

で、それが正解。
品質は高いがお値段も高い、本命の業者さんを最後にして、知人から紹介された業者さんを2番目、口コミでなかなかの業者さんを1番目に。
それぞれのサービス内容がちょっとずつ違うし、1番目の業者さんと話していてつけた知識を、2番目・3番目で活かせる。
質問も的確に、値段交渉力も向上していくのがわかりました。

結局、本命の会社に落ち着きました。
すでに2社から見積もりを取り、競合していること、ただ御社が本命ですよということを伝えた結果、最後にはさらに10%値引きしてもらいました。
予算の3分の2に収まったし、しっかりしている会社なので、御の字です。


交渉する上で一つ気をつけたいのが、ただ値引きを強いることはしないことでしょうか。(それが、弱いっちゃ弱いかもしれないけど。)
たとえお客であっても、営業さんに対して誠意をもって正直に接しないと、営業だって人間。 商談やのちのちのサービス提供時に真剣になれないってことが、骨身に沁みておりまして。
競合していますとか、価格だけじゃなくて品質も大事だという価値観をちゃんと伝えるとか、とくに短い商談の場合は、大切ですね。


ま、関西出身の長身プロモーションプランナーであるところの友人M(交渉の場では"DH" そう、助っ人外国人と呼ばれる)に言わせると、「そら甘いで。」と、言い放たれること請け合いですけど。
[PR]
by nattomaki27 | 2008-01-30 00:40 | 引っ越し

さらば青春の光

新しい旅立ちには、別れはつきものです。
かつて幾度かの引っ越しのときにも、生きながらえてきたモノたち。
しかし、今度の家は狭くて入らないっていう現実が立ちはだかります。

数々の哀しい旅立ち。なかでも一番哀しかったのが、彼ら、そう「フィルム現像&引伸し機セット」たちとの別れ。

彼らは、10年まえ、私の元にやってきました。

e0030737_0211670.jpg大学を卒業し、希望の会社に入社し、新人で配属されたのは、福岡でした。
配属地を「第一希望:東京」「第二希望:関東地区」という、ナメきった要望は一蹴され、同期女子最南端に追いやられたのが、ちょうど10年前の晩夏のことです。
実家から出るのが初めてだとか、福岡なんて一瞬どこにあるのかわからなかったくらい縁遠い場所だとか、そういう不安はさておき、まず困ったなぁと感じたのが、

「大学の暗室に、行けない」

と、いうことだったのでした。
(注:もちろん、大学時代は写真部部員)


で、研修中のお給料で最初に買ったものが「暗室用具一式」。
とりあえず、白黒のフィルム現像と引伸しができる諸々のセットを、ヨドバシカメラで買い込み、福岡に送り込んだものです。

引伸し機 LPL社 66-SⅡ + タイマー LPL社 ET-200 が、一番大きな買い物で、
そのほか、LPLのステンレス現像タンク、リール、チェンジバッグ(等々は元々持ってたけど)、セーフライト、フォーカススコープ、液温計、バット、ピンセット、撹拌棒、クリップなどなどの細かいものなどなど。
福岡には好みのものはないだろうってことで、薬品や印画紙などの消耗品も買い込みました。(今はヨドバシやビッグができたけれど、当時はなかった)
-- ちなみに、フィルム現像の薬品は富士フイルムで、印画紙現像はKODAK。印画紙は、断然ILFORD!(フィルムもね)

これらを夜、台所に並べ、隣りの部屋から真っ暗にして、冷蔵庫とか電子レンジの小さいライトにも目張りをし、そして暗室作業にとりかかる。
わーこんなものを揃えられるなんて、社会人って、なんてゼイタク〜!と、感動したのを昨日のことのように、覚えています。


そんな思い出の品々も、忙しさにかまけ、デジカメに魂を売るうちに、手をつけないまま、幾年かの月日が経ちました。
そして、この引っ越しで手放すことを決めたのです。

だけど、これだけ思い入れのある品々を、ただ粗大ゴミ行きにしたり、ハードオフに出したり、ヤフオクに出したくない。どうせなら、知っている大事に使ってくれる人にあげたい。
ということで、白羽の矢をたてたのが、今でもちゃんと写真を続けている、っていうか、プロのカメラマンのT崎くん。写真部の同期&部長で、当時フェミニンな写真を撮っていた彼も、ちゃんと独立して頑張ってます。

彼つながりで、無事、お金のない写真家の卵くんに引き取られることになりました。
大事にしてもらうんだよ。
卵くんが、世に羽ばたくお手伝いをするんだよ〜!

ぐすん。
こうして、また一歩、オトナの階段を登る、わたくし30歳+なのでありました。
[PR]
by nattomaki27 | 2007-11-26 00:20 | 引っ越し

ボクの小さなたからもの

こうやってたまの荷物整理をしていると、いろいろな物が出てきます。

日ごろから「一級整理士」を公言しているオット。
彼の手にかかると、色んなものが、箱に入ってしまいます。
ええ、片付けてくれるのはいいんですよ。
ただ、私が放置する物という物を、定期的に無記名の箱に入れてしまうので(たぶん放置がすぎて、業を煮やすのでしょうが)、どうでもいいレシートとか本のしおりとかの束が、そういうものが大事そうに箱から出てくるわ、くるわ。

だけど、たまにはいいものも出てきます。
こりゃずっしりくる箱だなぁ、と開けてみると。。。小銭がたっぷり!
ガラクタだらけの部屋から久々に金目のものを見つけて、ボルテージがあがる主婦。
そこで早速、ずっしりとくる小銭の山を担いで、銀行に行ってきました。


両替機使おうと小銭の袋をぶら下げて近づくと、行員さんから引き止められました。
なんと、いま銀行で両替機を使用すると、一回につき315円も手数料取られるんだって!
んじゃ、小さな駄菓子屋のおばあちゃんが、子供たちへのお釣りの10円玉をたくさん作ろうとしたら、一回315円もとられるの〜!?
小さな商店はあがったりなんではないでしょうか。なんてぇあくどい商売。。。
...と、憤怒の気持ちを抑えながら、行員さんの勧められるままに、ATMで入金にチャレンジしました。


と、またこれが。
小銭の入金は、100枚までなんですよ。。。
しかも、ATMってお札の入出金は慣れていらっしゃるんですが、どうも小銭には不慣れなようで、100枚の換算に、異様に時間がかかるんですよ。。。
しかも。
4回目くらいの投入で、パタァッ と機械が止まり、「ごめんなさい」の絵が出っぱなしになりました。どうやら、ほかの国の硬貨が混じっていたようで。
10分近く機械を止めて、ようやく行員さんの手のひらに載ってやってきたのは、1セント硬貨と画鋲。
そんなもんまで、大事に箱にしまっとくなよぉ。


そうやって、機械を止めながら、ATM待ちの大行列の方々のイターイ視線を浴びながら、何度も何度もじゃらじゃら入金をし、やっと最後の一枚がATMに吸い込まれていきました。

で、いくらだったかって?
     ...円です。
え?小さくて見えない?

738円。
ななひゃくさんじゅうはちえん でーす!

あれだけの時間と視線を返してください。


オットは、この小銭で、なにを買おうとしていたのでしょうか。
も、もしかしたら、コレで書いてたコレ!?

MacBookが欲しかったらね、こんどは、500円玉貯金をしたほうがいいと思うよ。ボク。
[PR]
by nattomaki27 | 2007-11-01 01:13 | 引っ越し

片付け大作戦

関根勤とキーファー・サザーランドが、どうもかぶってしまう、秋も盛りの今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?


さて。
半年後に引っ越しを予定している我が家について。
荷物の多さだけは人に誇れる二人が、お互いの私物を持ち込んで約6年が経ち、「ホコリじゃ死なないしね」と、忙しさを言い訳に家事もおろそかにした結果、当初書斎とか客間とか称していた部屋は、見事に物置小屋になっています。
色んなことを優先した結果、引っ越し先は今よりも狭い部屋になってしまうため、この荷物をぜんぶ持っていけない!という現実に直面しています。

ということで、過日決行しました、片付け大作戦第一弾。
まずは、最大の懸念事項。大量の本をどうするか。。。
とくに、ビジネス本は大きくて厚くてどうしようもないですね。みんな、どうしてるんでしょうか?

とりあえず、我が家の書物を、以下5つのカテゴリーに分けました。
  (1)もう読まない本 
  (2)もしかしたら読むかもしれない本 
  (3)自分にとっての古典、読む直すだろう本 
  (4)読まないけど置いておきたい本  
  (5)最新本(未読本) 

く、くるしい。。。他人にとっては、どうでもいい分類なんだけど、本人たちはいたって真面目。
とくに、(2)と(3)と(4)の分類が難しい!
夫婦で、「ホントにまた読むの!?読まないんじゃない?」とお互い厳しく牽制しあいながら、山積みしていきました。

そしてココロを鬼にして、(1)と(2)をBookOff&Amazon行きにすることに。
BookOffで買い取りしてもらえた本は、220冊でした。(文庫とか状態の悪いものは、かなりの数が買取無効で、残念。)
一度自分の手元に置いた本にはどうも情が移ってしまい、かわいい子を奉公に出すようで、つらかったです。

で、どうしてもとっておきたいビジネス本は私のオフィスへ移動、趣味の本だけを自宅に残すことにしました。
う〜ん。それでも、それぞれ段ボールで10箱分くらいになっちゃって、あまり減った気がしない。

しかも、これらに「雑誌は含まず」ですからっ!
雑誌、そう、雑誌。
過去のエントリーにもあった、Numberや週刊ベースボール増刊号やfootballistaや、rockin'onや文学を特集してたころのswichや、保存版(自称)のpenとか散達とかBRUTUSとか、そのほか自転車とか飛行機とかのムック本も含め、膨大な雑誌は、間違っても捨てられないわけです。

こうして、例外は増えていく。。。


いま、まさに、私は私に、言いたい。

引っ越し、やめとく?
[PR]
by nattomaki27 | 2007-10-30 18:40 | 引っ越し