カテゴリ:こども( 1 )

ハナウタ

しかし子育てでなにが困るかって言うと、それは、歌。
歌うの大好き、特技がハナウタである我が輩でありますが、それは、“どんな歌もハナウタになる”という秘技も併せ持っております。

ええ、そうですとも。
-- 音程? 取れませんとも。
-- 音域? 奇跡的に狭いですとも。

やっとカラオケブームも去り、問題なくハナウタ人生を謳歌していたわけですが、ここ最近は困ったことになっています。
そう、子守唄という存在。
どうも赤ん坊を目の前にすると、童謡を歌ってあげたくなるのは人間の性ではございます。
そこで、口ずさむわけです。歌を。
で、当然取れないわけです、音程が。


オットに、
「どうも、“ぞうさん”の最後の“な〜がいのよ〜”の音程が取れないのだが」と相談したところ、
「曲の頭だしから、取れていません」と、突き放され、

一緒に“ななつのこ”を歌っていた母からは、
「ちょっと。あなたと歌うと、つられちゃって歌いにくい」と抗議され、

3歳の姪っ子にあんぱんまんをご機嫌で歌ってあげていたところ、両手で口をふさがれました(泣)。


あらためまして、歌は奥が深いであります。

e0030737_20144529.jpg感心していても仕方がないので、友人宅で発見したお手本の歌が流れる童謡本を、見つけたその場で携帯から注文いたしました。

ふつうこういった本のご利用方法としては、こどもに聞かせたり一緒に歌ったりするんでしょうが。
私の場合、夜に娘が寝しずまってから、これ流して練習しております。
夜の静けさのなか、リビングに響き渡る能天気なメロディーと、自信なさげに口ずさむ歌声。

この努力、認めてください。>むすめよ
[PR]
by nattomaki27 | 2009-01-27 20:15 | こども