カテゴリ:食べもの( 27 )

ホットチキン・リターンズ


その日は、突然、訪れた。

誰もがあきらめかけた、いや、記憶の片隅から、その存在を無理矢理に消し去るために送ってきた無為の日常に、なかば慣れたころだった。
それなのに、また、やってきたのだ。
そう、なんの前触れもなく。


  「ホットチキンバーガー」@モス、復活!


いやぁ、もう、数年前のある日、ホットチキンバーガーが突如メニューから消えたときは、寒気すら覚えましたよ。
私のモス・ライフをどうしてくれるんだ、と。
ホットチキンを選べないモスに、存在価値はあるのか、と。


そう。そうして数年前のあの日から、モスとの闘いが始まったのだ---。

モスで注文する度に、
 「あれ? ホットチキンバーガーは.... ないんですか?」
 「ホットチキン、好きだったのになぁ」
 「今だけないんですか? えっ、復帰の予定は無い、と?」
店舗からの "お客さまの声" が届くのを、ひたすら待つ日々。

もちろん、モスのサイトにある「ご意見・お問い合わせ」コーナーから、お問い合わせメールもしました。
 「あの、レタスとチキンカツとバンズの、この上ないトリプル・サクサク感と、たっぷりトマトのあのジューシーさ、そして絶妙なサルサソース。あんなに好きだったんです、復活を期待しています、いつ復活しますか?」。
・・・ええ、そのときは、丁重な「未定であります」のお返事をいただきましたとも。


そんな熱烈なファンが多い一品だったんでしょう。
モスでもう一度食べたいメニューで、57.2%のダントツNo.1だったそうで。
(ちなみに、No.2は、ハバネロフォッカチャ 4.3%。弱いよわい。)
しかし、その57.2%は、私の地道な「お客さまの声よ、届け活動」の成果であると、いま声高に言いたい。


そして、本日。
仕事の合間に、一番近いモス@秋葉原にクルマで出かけてきました。
(最寄りの駐車場に停めたら、30分超1,000円! い、いや、ホットチキンのためなら...。)

念願の、そのホットチキンちゃんに、また、巡り会えました。

e0030737_18311435.jpgモス不動のゴールデン・コンビであることは疑いようのない、
「ホットチキンバーガー + ライスバーガー海鮮かき揚げ」
の前に、また座ることができるとは。

感動の再会を果たした一瞬の後に、彼らは我が輩の胃袋奥深くに、大事に収められました。
ありがとう、モスよ。

そう、もちろん。

本日の注文時には、
 「これ、期間限定なんですか? ずっと食べたいのになぁ」と、お客さまの声を残すのを、忘れていませんよ。
[PR]
by nattomaki27 | 2008-07-24 22:24 | 食べもの

最近とくに美味しいもの (備忘録)

今まで黙ってきましたが、我がライオンズの快進撃がホンモノであるという確信を得て、非常に気分の良い今日この頃。文句ナシの単独首位!
今年は所沢に行けそうもないので、スカパーのJ-sportsを契約し、日々中継を楽しんでおります。

そんな5月ですが、皆さまいかがお過ごしですか?

引越してからというもの、ライフスタイルが著しく変化し、数々の美味しいものとの出会いが増えました。大変に良い兆候。
ということで、今日は備忘録です。


ガリガリ君
ガリガリ君との再会(うまさの再認識)を、2ヶ月ほど前に果たしました。
奇をてらいすぎず(味はいたってシンプル)、形も無骨。ガリガリ君を食べた後も、お口の中はさっぱりの甘さ控えめ。なんだって、こんなにおいしかったんだ!
今も、そのときめきを忘れないよう、「一日一ガリガリ」を、自分に課しています。

DEAN&DELUCAのケーキ
このGWに、幾人かの友人を新居にお迎えしました。皆さまお気遣いの手土産は、いつもと違うものがいただけて、嬉しいかぎりです。
いただくものはどれも秀逸なんですが、感動したのは、DEAN&DELUCAのケーキ。
DDって、例えば珈琲は高いだけだし...って感じで、あまり期待してなかったんですが、ケーキはめっぽう美味かった!
アップルケーキ、チョコレートケーキ、チーズケーキ...。濃厚かつ、繊細。ああ、週に3度は食べたい。
聞けば、日本のDDケーキは、代官山の松之助製だそうで。 すばらしいチョイスです。

貝料理屋@根津
美味しいお店がこれでもか、とひしめき合っている、ご近所エリア。日々新しい発見があり、行き尽くせなくて困っています。
ということで、以前からあるのは知っていたけど気になるお店訪問に、本腰を入れております。
今日ご紹介するのは、根津の言問通り沿いにある、貝専門料理屋。
もともと貝専門の販売店で、下町の空気をばんばんに発するふるーいお店でしたが、それが料理屋にリニューアルして数年が経っています。
扱う貝は、お店時代のままなので、とんでもなくステキなお味です。とくに春~初夏は、貝のシーズンなので、ぜひ今この時期に行っておきたい。
あさりや小柱のかき揚丼、深川丼、釜飯などなど、貝料理が目白押し。
お気に入りは、ボンゴレです。大ぶりのぷりっぷりのあさりが大量に載ったそれは、パスタの王様です。あさりはこんなに甘かったのか~!と、ミスター味っ子並みに驚きます。
ランチがオススメですが、お財布に余裕があれば、ぜひ夜も。
貝の刺盛りは、甘い甘い。あさりの味噌汁も、追加注文してしまいました。
酒飲みには、たまらんでしょう。

e0030737_12182278.jpgBBQ@ベランダ
新居に引越したら、ぜったいやりたかった、BBQ!
旧居のベランダは、半歩出たらすぐ壁、という非常に狭い空間でしたが、今は奥行き約2m!この広さにやられて買っちゃったくらい。
ということで、管理規定には若干(大幅に)反してはいますが、小さめコンロでおとなしくBBQ。
風に吹かれて、炭にぱちぱちと焼かれるお肉ちゃんに、乾杯!

朝ごはん@上野公園
実家の犬を引き取って、毎朝はオットが、夕方はときどき私が散歩をしています。
休みの日の朝には、簡単な朝ごはんを作って、二人で散歩に出かけるのが恒例になりつつあります。
獣臭の若干漂う上野動物園の脇を通り、 "下町のセントラルパーク"であるところの上野公園を通り抜けていくのは、この季節とても気分がいい。
そして、古い建物と緑のコントラストを望めるベンチに腰掛けて、朝ごはんをほおばるのが、至福のとき。
青空のもと、風に吹かれて食べる朝ごはんは、何よりのごちそうなのでした~。(今日のワンコ風)
[PR]
by nattomaki27 | 2008-05-08 12:37 | 食べもの

博多うまいぞツアー

更新が遅れましたが、予告先発どおり、過日博多に出かけてまいりました!

いやぁもう、わかってるんですよ、その味は。 わかってるのに、うまかった。
だって自分たちの在博多時代に、足しげく通ったお店ばかりなんですから、たしかに記憶と舌には味が留まっているわけです。
しかし、膨れに膨れた期待を、まったく裏切ることなく、いや、はるかに越える存在感で、それらは我らを迎え入れてくれました。

金曜夜から日曜夜にかけて、友人夫婦とともに食べに食べた3日間。
ごぼう天うどん→餃子やら肉やら→ラーメン+焼き飯→もつ鍋→塩さばのおむすび→生パスタ→またもや、ごぼう天うどん。
それらの感動の一幕は、同行の友の筆によるものをごらんいただくとして。


e0030737_10503444.jpg私のハイライトは、二日目ブランチにと選択した、ラーメン+焼き飯@久留米。
阿蘇への温泉ドライブの途中に降り立ったのですが、あくまでも久留米ラーメンを食べるのがメインであります。 阿蘇は、久留米のあとに行ける場所として、セレクトしただけ。

皆さん、福岡と言えば博多ラーメンとお思いでしょう。もちろん、博多独自のあっさりとんこつ(外で嗅ぐにおいはキツめだけど、味はあっさり)がお好きな方もおられるでしょう。
しかし、あなたは、久留米ラーメンを食べたことがありますでしょうか?
なに、ない?
久留米ラーメンを食べずして、福岡のラーメンを語るなかれと、言いたいのであります。

福岡の中心地から、クルマでも電車でも1時間弱の場所にある、久留米。
じつはとんこつラーメンのルーツとして知られ、今でもとっても盛んな街なのです。
有名どころだと、大砲、大龍、丸星なんかのラーメン屋が、ファミレスのごとく大きな店舗を構えています。見た目はファミレスでも、それがめっぽううまい。
久留米ラーメンの特徴は、スープがしっかりとしてこくがある。
博多ラーメンは、麺ののどごしを味わう感じですが、久留米ラーメンは、スープを味わう王道ラーメンなのです。

その地で働いていた先輩からの推薦で、博多時代にも通いつめたのが、「ひろせ食堂」
ここでは、ラーメンと焼き飯のセットを、ぜひ頼んでいただきたい。(メニューはそれしかないけど。)
まず、れんげで一口。すすったスープが、すべてを語ってくれます。
たっぷりの焼き飯と、スープが、麺が、すべてが渾然と調和し、至福のときを与えてくれるでしょう。
あふれる期待を、こんなにも裏切ってくれる、ひろ食。
来た甲斐があったと言うものです。

福岡に旅行するのであれば、ぜひ久留米に出向かれることをオススメします。
ひろ食以外でも、美味しいラーメン屋が目白押し。はしごしてもいいしね!
当食堂へ訪れる場合は、週末であれば、遅くとも11:30前までに。
けっして広いとは言えない店舗に、地元のかたがたが行列を作ります。


こうして、いくら「ほら、二人分食べなきゃだし」という言い訳が利く我輩とはいえ、明らかにオーバーカロリーな旅は大満足の末に終了しました。
帰ってから、胃が拡張してしまって、困っています。
「冷やし中華を大盛りに、もしくはチャーハン付きにすればよかった」と、先ほどオットにメールを打ったのち、反省しているGWの谷間なのでありました。
[PR]
by nattomaki27 | 2008-04-30 13:38 | 食べもの

ナポリタンが食べたい

ナポリタンが食べたい。

平日のある日、急に思い立ちました。
人生のなかで2回ほどしか食べたことのない、ナポリタン。
私の身体の細胞の5ccくらいしか占められていないはずの、ナポリタン。
なぜかはわからないけど、ナポリタン。

ほら、ナポリタンって繰り返してみると、無性に食べたくなる、そんな不思議なナポリタン。


古い街だし、近所にたんまりとある昔ながらの喫茶店でうまいお店があるはずだ、と、サクサク検索していたら。。。
いらっしゃるんですねぇ。

 ナポリタンが大好きで、
 毎日ナポリタンを食べて、
 ナポリタンばっかりのブログを書いているヒトが。
   ↓
 " ナポリタン×ナポリタン "

おそらく、ナポリタン界では、有名なブログとお見受けしました。
お店基本情報(住所・地図)を掲載しているし、☆つけてるし(5つ星の設定なハズが結局3.75とか細かくなっちゃうのもご愛嬌)、ランチでナポリタンはしごしたりしてるし、そして、コメントがナポリタンをココロから愛していてすがすがしい。
これは、参考になります。


ということで、仕事の合間に自転車で、オススメの上野「王城」に向かいました。
もちろん食べながら繰るべき雑誌を買いこんで。

予想を裏切らぬ、喫茶店ぶり。
紫地に黄色明朝体フォントのロゴ、深いイスと低いテーブル、男性率95%(平日の昼間ということで。ちなみに女性率5%は私)、何かはわからないけれど "打ち合わせ" 中のおじさまがたが吹かす煙草が漂い、そして若い+αなウェイトレスさんに軽口をたたくブルゾン姿。
まさしく、喫茶店。

そして、待望のナポリタンは、玉葱とハムとマッシュルームとピーマンという王道の具が彩り、ケチャップだけでは表現できないソースと油が絡まります。
あっという間に完食。
ふつうに、うまい。
こういう喫茶店では、アイスミルクティーにも、たっぷり砂糖を入れなくちゃ。

そうして、至福の昼下がりを過ごさせていただきました。
ありがとう、ナポリタンと過ごす午後。
[PR]
by nattomaki27 | 2008-03-01 23:46 | 食べもの

長岡に行ってきました

今年の長岡食い倒れ旅行で、この三連休のスタートは切られました。


ワタクシは、とてもポジティブです。
今までどんなに徹夜を続けても、毎晩呑んだくれていても、こわーい上司にガツンとやられても、緊張のプレゼンを乗り切っても(乗り切れなくても)、次の日にはすっかり忘れられる能天気野郎でした。
かつてのチームで、「いかに、怖いボスに、メンバーが恐れおののいていたか」 ということを、川柳に表現したとき (なぜ、川柳かは不明。)、ワタクシだけが、

   「 叱っても、
       いつも ポジティブ、 甲斐がない 。 」

と、表現されたくらいであります。

そんなワタクシも、さすがにここ最近の環境変化に、胃をやられてしまいました。
これからこの会社をどうしちゃお〜かな〜と、考えこんでいたら(そればかりが理由じゃないと思いますが)、急性胃炎になっちまいました。
慣れないことを、するもんじゃありません。
もうちょっと、ゆっくり考えるとします。はい。

ということで、予定していた新潟は長岡に行ったものの、不完全燃焼。あまり呑めず、食べられず(って、人並みには食べたけど)、ちょっと残念な旅でした。


しかも、帰ってきてしばらくしたら、地震が。。。
ほんの少し前まで、自然と食に戯れていたあの場所が、あんなふうになるなんて。
来年また訪れることができるように、これ以上の被害が広がらないこと、そして一日も早い復興をお祈りしています。
[PR]
by nattomaki27 | 2007-07-16 21:46 | 食べもの

サバイバル・トーク

と、いうことで、今月から送別会シーズンに突入しています。お世話になった皆さまに、門出を祝っていただけるのは、幸せな限り。
今週も引き続き、ありがたく ”肝臓無休記録” を更新していくつもりです。
今後しばらくは、飲み会の話題ばかり続きます。あしからず。


6月あたまには、同期入社の「生き残り女子」の一部が、第一次送別会を開催してくれました。

営業・スタッフ系の同期女子は30人ほどいましたが、すでにかなりの人数が転職・永久就職・子育てで退社しており、現在約10名ほどが残留するのみ。
今の会社は、女性は総合職として採用され、男性と給与も仕事も昇格も一緒、という、女性が働きやすい会社として有名です。産休も育休もばっちりとれ、復帰後も休み前の職場に戻れるし、制度も整っています。現に、育休明けで働く先輩がたもたくさんいます。
... しかし。
10年もいると身にしみますが、かなり古くから整っている制度があるにも関わらず、実際はなかなかうまく運用されていないのも事実で。何より、昇格一緒とはいいながら、部長職以上に女性は見当たらず(たしか一人いたかな?)、役員はいるわけもなく。課長職だって、いないいない。
夢を描いて入社して頑張る女性たちは、途中で現実に気づいて失望し、会社を去っていきます。そして、「だから女はすぐ辞める」と受け取られ、負のスパイラルに落ち入っていくのですが...。

そんな中、なんとか夢を捨てずやってきた、我が「生き残り女子」たちが、集まってくれたのです。

ま、送別会とは言いつつ、実際は、
 ・ やめてどうすんの?
 ・ 今やめると、退職金はいくらでるのか?
という、ぶっちゃけ聞きたいことを解決すべく、集まったわけですが..。


しかし、予想はしていたのですが、すごかった。
全員が営業として入社し、ここまでサバイバルしてきたやつらばかりですので、強者揃いです。
一つの発言に対して、上乗せ、上乗せでコメント(突っ込み)がかぶさり、息をつく暇がありません。
いかに、鋭く突っ込めるか、いかに笑いを取るかに集中しながら、ビールのおかわりをする、サバイバルトークでした。

帰りの電車はぐったり。。。
お互いに精気を奪い合った数時間。そして、妙な充実感。
だから、やめられません。

実はこの6人の中に、なぜか生き残りではない女子が一名紛れ込んでおり。
もうやめて7年も経つのに、誰よりも同期女子の動向に詳しいノリ子女史。
優秀FPとして、このハナウタにも時々登場する彼女は、みんなのFPもやっているので、誰よりも情報をキャッチするのが早い。
同じフロアで働く同期の話を、彼女経由で聞いて驚く、という経験はだれもが体験しています。
だから、何食わぬ顔で、この席にも同席しておられました。

私も辞めちゃっても、彼女のように、何食わぬ顔でこの愉快な会合に同席したいなと、そう思ったのは、「居ないと何を言われるかわからない」ということだけでもないのは、確かです。

みんな、これからもよろしくね!
[PR]
by nattomaki27 | 2007-06-17 21:50 | 食べもの

沖縄で見つけた、優れ栄養ドリンク「発酵ウコン」

皆さま薄々お察しのことと思いますが、我が夫婦は酒好きです。

「お酒は好きだけどほとんど飲めない」両親の血をうまく受け継ぎ、「お酒は好きでちょっと飲める」体に生まれました。
これでも無茶ができる若いころは、 「誰にも頼まれていないのに、ビール・ピッチャー一気飲み」 をし、飲み会後半は 「次々とつぶれていく女子をトイレに連れて行って介抱し、席に戻ったらまたつぶれる別の女子を運ぶ」 作業を延々と繰り返し、 「“いやぁ、助かった”と憧れの先輩に二の腕をほめられながら意気揚々とし」つつ、 「だいたい男子というものは、二の腕がたくましい子よりも、介抱される側の婦女子がお好みなんだと、はっと気づいた頃には、時すでに遅し。」 という、そういう飲み会ライフを送っていました。

しかし悲しいかな、30を越えたあたりから、まったく飲めなくなりました。
最近はオトナ飲みと称して、いいお酒をちょこっと飲む程度に抑えております。
私よりもさらに酒好きなオットは、昔のように飲まない私にご不満なようですが、ヤツも最近めっきり酒量が落ちているのを私は知っている。
ということで、30過ぎたくらいでこの体たらくの夫婦ですが、お酒や酒場の雰囲気やそれにまつわる食べ物(いわゆる酒のあて)が大好きなので、ヒマを見つけては、二人で飲みに行っています。

無茶飲みができない体。今日は飲むぞ!と気合いを入れるそういう日は、“うこん”系に頼っております。
粉よりも効く気がして、最近は流行りの“うこんの力”。飲む前にコンビニに寄って買って飲むと、二日酔いをしないので重宝していました。


去る沖縄旅行で--。
いつもどおり「今夜は飲むぞ!」と高らかに沖縄の夜の街に宣言してから、コンビニにいそいそと入る。

e0030737_12345996.jpgさすが沖縄。うこん系のラインナップの充実度が違います。
栄養ドリンクも、関東では“うこんの力”しかないけれど、他に2-3種類は並んでいます。
そのなかで、一番強くて効きそうな「発酵ウコン」(なんせ、琉球王朝秘伝ですから。)を手にとり、ぐびりと飲る。

そして、さらにいそいそと、盛り場に繰り出したのです。
めくるめく泡盛との出逢いは、また次回にお話するとして、恐るべきは、琉球王朝。じゃなかった、「発酵ウコン」。
“二日酔いしない”というレベルではない。まったく“酔わない”...!
つまみは少々で、泡盛をロックで飲み続けたのに、酔っぱらわない。あれ?酔いがわからなくなるくらい飲んだっけ?と、その場で立ち上がって片足立ちをやってみましたが、ぴくりともいたしません。
す、すごい。。。

その「発酵ウコン」。
沖縄ではスタンダードらしく、コンビニや大手の薬局では、普通に売られていました。
もちろんまとめ買いをしてきたのは、言うまでもありません。ここ一番の時に飲むつもり。
どなたか近日、“浴びるほど飲む”企画しましょう!さらに試してみたい、その力量。

みなさまも、沖縄にお出向きの際は、ぜひ。

PS.
ネット販売してました(アフィリエイトつけようかな~)。
[PR]
by nattomaki27 | 2007-02-28 23:11 | 食べもの

久しぶりなのに、むすびの一番なのは、これいかに。

沖縄編のアップが遅れていて、「帰ってきてるの?」「生きてるか?」と各方面からお問い合わせいただいております。
それでもなお粘ってアップしなかったら、わっ!とうとうBoston在住の大先輩が、海をまたいでコメント入れてきました...。
書いてたんです、書いてるんですが、でもほら、原稿を犬が食べてしまいまして、どうしようもなくって。

...はい、すみません。言い訳です。


さてさて、気を取り直して。
沖縄編から遡るのは、けっこう体力いりますな。
なので、ウォーミングアップさせていただきます。
沖縄前後の日程が、また貧乏ヒマなしでした。そのあたりから振り返ってみましょう。

沖縄前後の私のスケジュール帳は、こんな↓感じ。
   金 : にゃごや
   土 : 沖縄
   日 : 沖縄
   月 : 沖縄
   火 : にゃごや
   水 : 東京
   木 : にゃごや
   金 : にゃごや
   土 : にゃごや

おかげで、月曜日久々に会社に行ったら、「あれ!? 東京出張?」と、歓迎されましたよ..。

そんなこんなでも、この週何とか乗り切れたのは、沖縄で充電してきたカロリーと、にゃごやで久々に会合した同期のおかげ。
9ヶ月前に出産をしたばっかりのimayu&アキラ夫妻+おちびちゃんと、名古屋の一押しスポットで面会してきました♪(もう一組お誘いしていた同期のeiちゃん夫婦は、おちびちゃんが熱でダウン。残念!...って、うちも同期夫婦だし、どこもかしこも同期夫婦ばっかり。なんてぇ幸せな会社。)

乳児がいるなんて思えないほど、imayuはスマートにパンツを着こなして、かっこいいハイヒールを履いてます。そんなイカした靴、しばらく履いてません。というか、3センチヒールしか持ってません。まじで反省する我が身。
*ただ、そのパンツとハイヒールには、その日悲しい出来事が起こったのでした。。。(気にしないでね!imayu、私もよくこぼすヒトなのです。でも、ハイヒール脱いで公道を走るまでしてくれて、嬉しかったっす。)

食いしん坊横綱、西のimayu & 東のなっとまき と誰かが言ったとか言わないとか。彼女も筋金入りの食いしん坊。
会うことになってから、私を最大限に喜ばせてくれるべく、美味いお店をセッティングしてくれました~。
で、ランチもお茶も、おいしかったんですが、何より感動したのは、「千寿の天むす」。
e0030737_21454267.jpgなんと、握りたてのふんわりほかほかの天むすを、私のためにあらかじめ用意していてくれて、手みやげとして渡してくれたんです!
なんというホスピタリティ。本当に嬉しかったです。ありがとう~(泣)。

ほとんど睡眠時間が取れない数日間を過ごし、何日も家を空け、くったくた。もちろんその日の夕食は、簡単なスープを作っただけで、メインは天むすにさせていただきました。
ちょっとスパイシーな天ぷらの衣から、かみしめるほどにいいお味が染み出してきて、小ぶりななりですし、いくつでもいただけてしまいます。
もちろん、にゃごやで他の天むすをいくつか試してみたことはありますが、別格でした。
にゃごやでも、こんな繊細な味があったとは...(何度も言いますが、失礼ですよ、キミ)。

これからにゃごや行くあなた!お土産必須アイテムですぞ!ぜひ、お試しあれ。
imayu&アキラ夫妻、幸せのお裾分けを、ありがとうございました。
これからもよろしくね!
[PR]
by nattomaki27 | 2007-02-19 21:43 | 食べもの

喰いだおれツアー 沖縄編 (予告)


今週末の土-月と、沖縄に行ってきまーす。
期限切れマイル消化の旅。
旅行を前にすると、必ず風邪を引く小学生体質のわたくし、週末風邪を引いたのも、おそらくこの計画が影響しているかと思われます。

一ヶ月前から上司に、「この日は休んで沖縄行くから!」と忘れないように言い続け、やっと実現した旅行。
そして、我が家では毎度おなじみの「旅のしおり draft版」を、オットが今回も作ってきてくれて、さらに気分は高まります。
この間の福岡旅行もそうだけど、友人知人からの貴重な情報やネットクチコミ情報を駆使し、店(ぜんぶ食べ物)情報満載の、分刻みのスケジュール&地図帳を作ってくれるのです。

私にとっては初沖縄、オットも学生時代以来(誰と行ったのかなぁ〜?)なので、皆さまには、ぜひ美味しいモノやお店、楽しい場所のご推薦をいただければと思います。
ここのコメント欄(非公開でも可)、プライベートメール等々おまちしております!

今のところこんな予定です↓
・土日月の三日間
・ホテルは国際通り近く
・スポーツは行わない
・美味しいものを食べるコトが基本目的(必ずしも沖縄らしい食べ物でなくても可)
・お酒は好きです
・日曜はレンタカーで動き回ります
・観光としては、美ら海水族館くらいは行くつもり
・広島カープのキャンプ真っ最中ということで、黒田を見に行く

どんな小さなことでも構いません。どうぞ、情報提供をよろしくおねがい申し上げまする。
怒濤の喰いだおれツアーの情報は、またリポートします!乞うご期待!
[PR]
by nattomaki27 | 2007-01-31 01:32 | 食べもの

風邪ひいてファイト!


今週もけっこうな一週間で、木・金の睡眠時間は合わせて5時間だったりしたんだけど、さらに金曜にゃごやで食べたスペシャル定食(味噌カツ+海老フライ+天むす)の油が胃を直撃し、帰りの新幹線で即寝しようと目論むも、ちょっとブルーになっていた先輩の愚痴を聞いていたら寝るタイミングを逸し、銀座でオットが友人から深刻な家庭の相談を受けていたため、かなり心配になって寄って聞いて嘆いて終電。

で、週末風邪を引きました。

最近の傾向として、平日に突っ走って発熱し、土日をフイにするというパターンが続いているが、思う存分寝られるから、これもまた良しではある。(ほんと?)

ということで、精をつけに昨日のランチは、「ファイト餃子」!
もともと千葉県は野田発祥、ホワイト餃子の"技術連鎖店" (HPから引用。技術提携って言葉はあるが、連鎖って...。) 。 都電庚申塚駅のすぐそば、もしくは巣鴨駅から10分。
頭痛だし気分がすぐれなかったが、一度は訪れてみたくて、行ってみました。

→この方のHPに秀逸なPhotoがあります。私は撮るヒマもなくかぶりついてしまった。

初めて食べるジャンルの餃子でした。
まん丸の稲荷寿司のような餃子が、ほとんど揚げるように焼いてあります。
皮はフランスパンの生地を使っているとかいないとか、もっちりと味があってさくさく。
中の具はねっとりと熱々なのに、味は案外あっさりとしていて、いくつでもいただけます。
かなり大きいのに、周りの人は一人10個~15個平均で食べていて、それならと私たちも一人10個の餃子定食にしました。
どんぶりご飯と、お味噌汁(案外これがイケル)、漬け物に餃子10個というシンプルな構成ですが、それが餃子とベストマッチ。
風邪引いとんのとちゃいますか?と突っ込まれながらも、オットよりも早食いで完食。うまかった~。

16時頃という中途半端な時間だったので、普段は行列を作るという店内も余裕がありましたが、店先ではテイクアウトに生餃子や焼き餃子を買い求める近所の人たちが、ひっきりなしに訪れていました。
お店のおねぇさんたちの応対も気持ちよく、普段づかいの餃子屋で、近くにあったらいいなと思えるそんなお店。

これは、次も行きたいなと、思えるお店でございました。
今度は、隣りの夫婦が食べていたチャーハンに挑んでみたい!
[PR]
by nattomaki27 | 2007-01-28 15:05 | 食べもの