<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

捨てる技術


皆さま、お久しぶりです。
なかなか近況がアップできずにすみません。ま、大勢に影響はないでしょうけど。

仕事が本格的に回るようになってきて、いよいよ時間がなくなり、優先順位の低いものが後回しになってしまっています。
BLOGは、発信しているといい情報が入ってきたり、書いているうちに頭の整理がついたり、みんなへの生存確認にもなったりで、本当は意義のある行為だと認識はしているのですが、どうもhave to doではなくて。

だいたい、ヘイシャ工場が遠い。
片道2時間かかるので、朝7時には出て9時始業、チビのお迎えがあるので16時前には会社を出なければなりません。
正味仕事ができるのが6時間ちょっとだと、毎日会社で目が回ります。ランチもかきこんで、ToDoリストにチェックを入れながらガンガン片付けている感じ。
チビは意味なく朝5時から起きているので(泣)、夜は夜で母も22時過ぎには力尽きる日々。

そうすると、まずできないのは、メール。
PCに向かってメールを開く時間がない!
だから、会社メールも、通勤時間に携帯でチェックすることになります。
で、返事は電話で。これで、なんとかなります。
だいたい、現代の仕事の生産性を著しく下げているのは、メールだと、最近ほんと感じます。

今の仕事はメールなしでなんとかなる(というかメール待ってたら間に合わない)というのもあるんだけど、本当に重要緊急事項は、電話でくるんですよ。仕事なんだから。
メールで来ても、毎回電話で返してれば、電話かかってきます。
長くなりそうなら、会えばいい。
居なければ、FAXすればいい。

メールが毎日100件近く飛び交ってたメール中毒気味の前職ではあり得ないと思っていた話ですが、今考えるとあり得ます。

メールの処理に、一日の仕事の中で、何%割いていますか?
メール処理する時間は、何かを生み出していますか?
もちろん、クライアントフォローとか大事なコンタクトってこともあるけど、そこにいっくら長時間かけていても、何の稼ぎも生み出さないわけです。
そんなことしてる間に、提案書や報告書の1本も書けるし、クライアントに会いに行ける。
仕事の時間が限られているとなれば、優先順位をつけられます。
仕事に優先順位もつけられずに、残業していたり、コアタイムしか働けない人々が肩身が狭い思いをしている現実は、よろしくない。

・・・こういうことも、時間に制限が設けられて初めて、気づいたわけです。

テスト前に、「今夜は徹夜するぞ!」って決めると途端に片付けしたり、ノートの整理を始めちゃったりって意味ないことを始めるのと一緒で。あと登校まで2時間しかないと気づいた途端に、集中せざるを得なくなったりして。
別にメールするのが悪いんじゃなくて、メール送受信にとらわれる仕事のしかたは、生産性に悪影響を及ぼしているんじゃないか、と言いたいわけです。
要は、仕事のメリハリですね。

な~んて、メールの返信が遅い言い訳だったりして。
ちょうど会社に向かう間に記事がひとつ書けました。
相変わらず、HPminiはご機嫌です。
[PR]
by nattomaki27 | 2009-07-23 06:08 | おしごと